より高性能な技術を求めるなら

デジタルカメラなどの技術開発や、画像処理の開発などををしたいと考えている所もあるでしょう。しかし、自社でどう開発をすればいいのか分からないという方も多いですよね。その際は、是非、開発専門の企業になどに依頼すると良いでしょう。

依頼をする上で気になる事

生産能力はどうなの?

開発企業の中には、インドネシアなどの海外に専用工場を持ち、より効率的な生産を図っている企業もあります。そういったところは、心配することなく、依頼ができるでしょう。

製品化の仕方がわかりません

試作・開発の案件が多い企業であれば、すぐに試作品を提供してくれる事もあります。まずは、製品化したい旨を問い合わせてみると良いでしょう。

研究開発したものを形にしたいです

試作案件が多い企業であれば、すぐに利用可能なものに形にしてくれる所もあります。まずはそういった所に持ち込んでみるのもいいでしょう。

FAに不可欠な機器

カメラマン

スマートフォンや車載カメラなどで開発競争の進むデジタルカメラですが、とりわけ需要が急増しているのはFAの分野です。それぞれの目的に最適化された産業用カメラは、製品の検査や計測・研究開発などに不可欠です。

コストと信頼性

カメラ

デジタルカメラはセンサーモジュールと制御モジュールに分けて考えることができます。センサーから入力された情報を制御モジュールで処理しパソコンなどに転送するわけですが、入力にも画像処理にもデータ転送にも多くの方式があり、必要な精度や処理時間に合わせて適切なものを選ばなければなりません。カメラの開発を外注する際にコストを重視するのは当然ですし、誤作動や故障が起きないよう信頼できるメーカーを選ぶ必要があります。

トータルコストを考える

カメラの開発コストは安ければ安いほど良いとは限りません。たとえ初期費用が安くても、必要十分な機能を満たせなければ意味がありません。オプションで機能を追加したり周辺機器で補ったりすれば、それだけ余計に費用がかかります。またトラブルが多発しメンテナンス費用がかさめば、トータルではロスが大きくなってしまいます。そのほか産業用カメラは一度に多数設置されることが多いため、電力消費量も計算に入れる必要があります。

安定性が重要

センサーの部品にしてもインターフェースにしても、長期間継続して使用できること、品質が均一で安定していること、万一のトラブルの際には簡単に交換できることが重要です。もちろんファームウェアの信頼性も見逃せないポイントと言えるでしょう。産業用カメラの開発にはハードとソフトの両面で高度な専門技術が必要です。短期的な費用だけでなく開発期間やメンテナンス性、ランニングコストまで考慮して見積りを比較しましょう。

広告募集中